ディープボンドが優勝

共同通信

 フランス競馬の最高峰レース、凱旋門賞(10月3日)の前哨戦は12日、パリロンシャン競馬場で行われ、6頭が出走したフォワ賞(2400メートル芝、G2)でクリスチャン・デムーロ騎乗の日本馬ディープボンド(4歳牡馬、大久保龍志厩舎)が優勝した。

 天皇賞・春2着のディープボンドは好スタートから先手を奪い、マイペースに持ち込んで逃げ切った。日本馬は1999年のエルコンドルパサー、2012、13年のオルフェーヴルに続く制覇。この勝利で本番の有力候補になりそうだ。

PR

競馬 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング