池田13度目G1制覇 開設68周年 【鳴門】

友好紙

 鳴門ボートのG1開設68周年記念「大渦大賞」は21日、最終日の12Rで優勝戦が行われ、1号艇の池田浩二(43)=愛知・81期・A1=がコンマ01の快Sで押し切り、2012年以来2回目の鳴門周年V、通算13回目のG1優勝を果たした。2着に西山貴浩、3着は丸野一樹。今節の総売上額は65億円を超えて、目標の50億円を大きく上回った。

■ヒーロー

 池田に迷いはなかった。Fによる罰則明け初のG1。慎重になってもおかしくない状況で圧巻のコンマ01を決めた。1Mで決着をつけると、あとは独り旅。レース後は「(レバーを)放るのを忘れてました」と笑いを誘った。

 今節は序盤から回り足を中心に手応えを口にしていた。「(初日の)2走目でペラを最近の形にして動きだした。不安はなかった」。レース前には競輪の山口拳矢(岐阜)が史上最速G2制覇を果たしたことを知り、同じ東海地区を拠点とするレーサーとして刺激をもらったという。

 これで賞金1000万円を上積みしてランキング13位に浮上。SGグランプリ出場へ前進した。「あとはSGで結果を残すだけ」と、力強い口調で年末の大舞台を見据えた。 (鳥井裕二)

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング