嵐『ARASHI 5×20 FILM』夢のつづきでまた5人に逢える【超速鑑賞レビュー】

オリコン

 人気グループ・嵐による初のライブフィルム『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』が11月3日にドルビーシネマ限定先行公開、11月26日に全国公開する。15日には東京・丸の内ピカデリー・ドルビーシネマ(Dolby Cinema)でジャパンプレミアが行われ、報道陣向けにいち早く上映された。2019年12月23日、撮影のために1日限りで行われたシューティング・ライブは、会見の櫻井翔の言葉を借りるならば、あのとき、あの瞬間の、濃密さを“真空パック”したかのよう。映画館で見る“夢のつづき”で、また、あの5人に出逢うことができた。

【動画】「感謝カンゲキ雨嵐」や「Love So Sweet」など…ライブフィルムを凝縮した予告編

 2018年11月から19年12月まで1年以上にわたり、計50公演、1ツアーとして、日本史上最大の累計237万5000人の動員を記録した20周年ツアー『ARASHI Anniversary Tour 5×20』。このシューティング・ライブでは撮影を前提として、通常は視界の妨げになるような場所まで、合計125台のカメラを設置し、彼らが観た景色、そして観客が観た景色を余すことなく映し出している(※以下、本編内容に触れています)。

 同グループ初の主演映画『ピカ☆ンチ』(02)の監督を務め、長年、親交を深めてきた堤幸彦監督が「総力を結集して撮った」と自負。オープニングは東京ドーム上空の夜景、そして世界各地の2019年12月23日午後6時の様子から始まる。まるでコンサートの開演前のようでもあり、壮大なドキュメンタリー映画の始まりのような、独特の緊張感が高まっていく。

 そのワクワク・ドキドキ感が最高潮となったとき、ステージがせり上がり「感謝カンゲキ雨嵐」を歌唱しながら登場するメンバーを、会場を埋め尽くす5万2000人のファンが大歓声で出迎える。当時はまだ、新型コロナウイルスが流行する前だった。本編では、拍手、コールアンドレスポンス、そして「アオゾラペダル」の大合唱、黄色い悲鳴、“嵐コール”…。なつかしくも心地よく、かつての“当たり前”の光景が、またいつかの“当たり前”になることを願わずにいられない。

 特筆すべきは、最高級のリアルな映像・サウンドを大きな特徴に持つドルビーシネマで鑑賞することにより、より没入感のある映画体験となること。歓声の中に包まれると、まるで東京ドームにいるような感覚になりながら、むしろリアルな会場より鮮明に、歌詞のひとつひとつがクリアに耳に届く。そして大画面で観る、メンバーたちの一筋の汗からわずかな表情の変化まで美麗(びれい)な映像で楽しむことができる。

 とにかくカット数が多い今作。無数のカメラが捉えたのはライブ間に、気づくと肩を寄せ合い、観客の視えないところで手を触れ合わせていたり、目を合わせてふざけたり…。そんな彼らのあたたかでくすぐったい空気感を目の当たりにすると、自然と笑顔になる。例えば、オーケストラを前に指揮棒を振る松本潤の楽しそうな表情、ピアノを弾く櫻井の足元など、通常なら見ることのできないような視点からのカットも盛りだくさんで、何度見ても新たな発見が生まれるだろう。

 そして“画”として美しい場面の数々。観客も持つペンライトは、曲ごと、座席ごとにコントロールされ、それ自体が演出の一部になっている。例えば「果てない空」では徐々に空色に染まっていく会場。カラフルでもモノクロでも、その楽曲の持つイメージとマッチした色彩の世界に会場が変化していく。時々、映し出される観客たちのうちわや表情、ペンライトひとつひとつの輝きの先には、このグループを愛する人たちがいることを感じさせる。その姿を“上の方”から“下の方”まで見つめる5人の眼差しもまた、どこまでもやさしく、美しい。

 MCなどはなく上映148分間、ひたすら彼らのパフォーマンスと曲を凝縮。デビュー曲「A・RA・SHI」から始まり時代を彩った名曲が次から次へと蘇り、純粋な音楽映画としても楽しめる。エンドロールの最後の瞬間まで、見逃せない。5人と見る“夢のつづき”、「またここで君と逢えた」。劇場の椅子を立つときには、ファンにとって嵐との思い出がまたひとつ増えたと思わせてくるような作品となっている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング