卓球、戸上・宇田組が準決勝へ

共同通信

 卓球のアジア選手権は3日、ドーハで行われ、男子ダブルスで戸上隼輔、宇田幸矢組(明大)が香港ペアを下して準決勝に進出した。女子ダブルスでは長崎美柚(日本生命)安藤みなみ(トップ名古屋)組が4強入りしたが、佐藤瞳、芝田沙季組(ミキハウス)は準々決勝で敗退した。

 男子シングルスでは吉村和弘(岡山)、木造勇人(愛知工大)、篠塚大登(愛知・愛工大名電高)、戸上が8強入り。篠塚と戸上は準々決勝で対戦する。女子シングルスでは安藤、芝田、早田ひな(日本生命)が準々決勝に進んだ。(共同)

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング