四大陸フィギュアを欧州で

共同通信

 【ジュネーブ共同】国際スケート連盟(ISU)は4日、新型コロナウイルスの影響で天津(中国)開催を断念したフィギュアの四大陸選手権を来年1月18~23日にエストニアの首都タリンで実施する方針を発表した。欧州を除く4大陸(アジア、北中南米、アフリカ、オセアニア)の選手を対象として1999年に創設した大会で初の欧州開催となる。

 代替地を募ったが、欧州を除く加盟国で立候補がなかった。1月15日まで欧州選手権の舞台となるエストニアのスケート連盟と協議し、タリンで2週連続開催する方向で固まった。運営面や財政面の詳細を詰め、最終決定するという。

PR

フィギュアスケート アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング