フィギュア、坂本と友野2連覇

共同通信

 フィギュアスケートの近畿選手権最終日は10日、京都府宇治市の木下アカデミー京都アイスアリーナで行われ、女子は2018年平昌冬季五輪代表の坂本花織(シスメックス)が前日のショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位の120・12点をマークし、合計192・14点で2連覇した。河辺愛菜(木下アカデミー)が184・14点で2位。

 男子は友野一希(セントラルスポーツ)が201・24点で2連覇した。

 女子ノービスAでは12歳の島田麻央(木下アカデミー)が大技の4回転トーループを成功させ、120・83点で制した。

PR

フィギュアスケート アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング