ヤ8―7巨(15日)

共同通信

 ヤクルトが打撃戦を制した。4―4の七回に2点を勝ち越されたが、その裏に山田の適時二塁打とオスナの13号3ランで逆転した。大下が七回2死一、二塁のピンチで好救援して3年ぶりの白星。巨人は9連敗で勝率5割を割った。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング