首位の立大が慶大と引き分け

共同通信

 東京六大学野球リーグ第5週第2日は18日、神宮球場で2回戦2試合が行われ、首位立大が慶大と2―2で引き分け、5勝1分け2敗でポイント5・5とした。慶大は3勝3分けで同4・5の3位。早大は明大に3―0で連勝し、4勝2分け2敗の同5で2位、明大は同3。

 立大は七回に宮崎の本塁打で追い付いた。早大は七回に中川卓が走者一掃の二塁打。ドラフト会議で楽天6位指名の西垣は8安打されながら今季2度目の完封勝利。

PR

大学野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング