明大が追い付く、東京六大学野球

共同通信

 東京六大学野球リーグ第6週第4日は27日、神宮球場で2回戦1試合が行われ、明大が法大と6―6で引き分けた。明大は4勝4分け2敗のポイント6、法大は同4で日程を終了。優勝争いは30日から対戦する慶大と早大に絞られている。

 明大は1点を追う九回に上田の適時二塁打で追い付いた。DeNAからドラフト4位指名された法大の三浦は七回途中から登板して2回1/3を3安打1失点だった。

PR

大学野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング