離婚発表の長谷川京子「温かく見守って」 新藤晴一「より一層精進」 SNSで決意と思い

オリコン

 ロックユニット・ポルノグラフィティのギタリスト新藤晴一(47)との離婚を発表した女優の長谷川京子(43)が29日、自身のインスタグラムを更新し「変わらず温かく見守っていただければ幸いです」とメッセージした。

【写真】長谷川京子の元夫は…ポルノグラフィティ・新藤晴一

 インスタでは「突然のお知らせに驚かれたと思います。今までの日々に心から感謝をし、これからも人として、そして愛すべき子供達の母として、一生懸命生きていきたいと思っています」と決意を新たにし「どうぞ、変わらず温かく見守っていただければ幸いです」と思いをつづった。

 新藤も自身のツイッターを通じて「私事ではありますが、一部報道でもありました通り、新しい生活を始めるに至りました」と改めて離婚を報告。「人として、親として、より一層精進し、守るべき存在を大切にしていきたいと思っています。どうぞ温かく見守っていただければと思います」と伝えている。

 2人は2008年10月23日に結婚。09年5月に第1子となる男児、12年1月に第2子となる女児が誕生した。

 同日、新藤と長谷川は、連名で「この度、新藤晴一と長谷川京子は離婚するに至りましたことをご報告いたします。日々積み重ねる時間の中で、少しずつお互いの生活スタイルや価値観の違いから、新たな家族のあり方を考えるようになりました」と説明。

 「数年前から話し合い、1年間の別居生活を経て熟考を重ねた結果、お互いがより良い人生を歩めるようにこの決断に至りました。2008 年に入籍をしてから、この13年間の結婚生活は、私たち家族にとってかけがえのない大切なものであり、私たちの成長を見守ってくださった皆さまには大変感謝しております」とした。

 最後は「これからもお互い、表現者として、人としての尊敬は何も変わることはなく、また、何ものにも代え難い2人の子供の親として協力を惜しまず精進していきたいと思っております。皆様には変わらず温かく見守っていただきますよう心からお願い申し上げます」と記した。

 新藤は、1974年9月20日生まれ、広島県出身。 1999年、ロックバンド・ポルノグラフィティのギタリストとしてデビュー。長谷川は、1978年7月22日生まれ、千葉県出身。雑誌『CanCam』の専属モデルとして活躍後、2001年にフジテレビ系ドラマ『スタアの恋』に出演。“ハセキョー”の愛称で親しまれ、女優として数多くのドラマに出演する。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング