オート・佐藤正人選手殉職 川口第9レースで4車が落車

友好紙

 川口オートレース場で30日、第9レースで佐藤正人選手(51)=川口=が落車し、後続車と接触して死亡した。1周4角で前輪を滑らせた佐藤選手は、前走車の後輪に接触。そのまま2台とも転倒し、その直後を走っていた2車もよけきれず、4車が落車した。

 レースはすぐに競走を中止して救護活動を始めた。佐藤選手は市内の病院に緊急搬送され、処置を施されたが右側胸部外傷により午後6時32分に死去した。通算3280戦387勝、優勝2回。オートレースの殉職者は95人目、落車によるものは2012年1月の坂井宏朱さん以来となる。

 ◆JKA・笹部俊雄会長「佐藤選手の突然の訃報に接し非常に驚いております。ご家族皆さまのご心痛いかばかりかとお察し申し上げますとともに、ありし日のご活躍をしのび心からご冥福をお祈り申し上げます。公正安全をモットーに業界で努めて参りましたが、このような痛ましい事故が起きないよう改めて関係者一同で努力して参ります」

PR

オートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング