幼少期の“性別の揺らぎ“に対する認知と受容を喚起するドキュメンタリー

オリコン

 2歳を過ぎた頃から自身の“性別の違和感”を訴えてきたサシャを取り巻く現実、そしてサシャの幸せのために社会と戦う家族を取材し、幼少期の“性別の揺らぎ“に対する認知と受容を喚起するドキュメンタリー映画『リトル・ガール』(11月19日公開)より、サシャを取り巻く現実、そしてサシャの幸せのために社会と戦う家族の姿を垣間見ることができる本編特別映像がWEBで公開された。

【動画】映画『リトル・ガール』本編特別映像

 7歳になってもありのままに生きることができない、不自由なサシャ。家族はそんな彼女の個性を支え、周囲に受け入れさせるため、学校や周囲へ働きかけるのだが…。

 映像はバレエ教室で、男の子用の衣装しか着させてもらえないサシャの様子を捉えたところから始まる。その後、家で大好きなワンピースに着替えるサシャ。「学校では着られないけど」「バレエにも」―悲しげに呟くサシャに対して「いつか認めてもらえる、それまでは家やお外で着ればいい」「学校もなんとかなるわ」と、母親は優しく言い聞かせる。

 「医師の証明があります、“家庭や学校で、サシャを受け入れる取り組みが必要”“女の子として扱うべきだ”と。そうです、だから望み通りに」「医師の証明をもらいました。これで証明できます。お願いします」少しでも彼女の願いが叶えられるように、幸せになるように。サシャ本人とはまた違った場所で社会と戦う家族の様子を切り取ったものとなっている。

 本作の監督を務めたのは、これまでも社会の周縁で生きる人々に光をあてた作品を撮り続け、カンヌやベルリンをはじめ、世界中の映画祭で高く評価されているセバスチャン・リフシッツ。トランスジェンダーのアイデンティは肉体が成長する思春期に芽生えるのではなく、幼少期で自覚されることについて取材を始めていた過程で、サシャの母親カリーヌに出会い、この作品が生まれた。ドキュメンタリストとして確かな地位を築いたリフシッツ監督が捉えた映像は、観る者にさまざまな気づきを促す洞察に満ちている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング