千葉ロッテ・鳥谷敬選手、今シーズン限りで現役引退を発表  阪神で2000本安打を達成

オリコン

 プロ野球・千葉ロッテマリーンズの鳥谷敬選手(40)が31日、今シーズン限りで現役を引退することを球団を通じて発表した。

【写真】背番号00番のユニフォーム姿の鳥谷敬選手

 鳥谷選手は「阪神で16年、ロッテで2年。色々な人と出会い、色々な人に支えていただき、ここまで現役をすることが出来ました。今は感謝の気持ちで一杯です。今シーズン、チームが調子のいい時も悪い時もあった中で、力になることが出来ず、ユニホームを脱ぐことを決断しました」と決断を報告。

 その上で、「この18年間は苦しい時もありましたし、いい時もありました。その時間すべては周りの人の支えがあってのものです。皆様の支えと応援のおかげで試合に出続けることが出来て、プロ野球選手 鳥谷敬の形を作れたのだと思います。感謝しかありません。18年間ありがとうございました」とファンに感謝をこめた。

 鳥谷選手は1981年東京都生まれ。埼玉・聖望学園高校から早稲田大学へ進み、2004年に自由獲得枠で阪神タイガースに入団。遊撃手のレギュラーとして長く活躍し、2017年に2000本安打を達成した。2020年に千葉ロッテマリーンズに移籍した。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング