アイスジャイアントV JBC2歳優駿 【門別】

友好紙

 2歳ダートの頂点に輝いたのは3番人気のJRA馬アイスジャイアント。スタートは速くなかったが、スムーズな競馬で折り合い重視。最終コーナーで強気に大外を回ると、鞍上の魂の入ったステッキに反応し、鋭く抜け出した。上がり38秒4は最速。「脚の使いどころを考えて乗りました」と三浦皇はしてやったりの表情で話した。この時期、完成度の高い道営勢を打ち負かしたのは価値がある。「キャリア2戦目でのタイトル獲得はポテンシャルあればこそ。今後が楽しみ」。三浦は会心の走りを見せたパートナーに目を細めた。

PR

競馬 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング