東山紀之主演『必殺仕事人』新春放送決定 キンプリ岸優太&なにわ男子・西畑大吾が“兄弟役”で初参戦

オリコン

 2007年に東山紀之主演で復活して以来、15年目に突入したABC・テレビ朝日系時代劇『必殺仕事人』が来年新春に放送されることが決定した。おなじみの東山、松岡昌宏、知念侑李(Hey! Say! JUMP)、和久井映見、遠藤憲一ら仕事人たちが、世にはびこる悪をスカッと成敗する痛快エンターテインメント時代劇がさらなるパワーアップ。今回、ゲストとしてKing & Princeの岸優太となにわ男子の西畑大吾が兄弟役でシリーズ初参戦する。

【写真】『必殺仕事人2020』より 、ゲストの3人

 毎回世相を反映した問題を描き出すことで話題の必殺シリーズだが、今回は『SNSの怖さ』をテーマに、根も葉もないうわさが生む悲劇や、無自覚に人を傷つけてしまうことの恐ろしさを描く。そんな今作には、神出鬼没のアーティスト・バンクシーならぬ『晩来(ばんくる)』が登場。この人物は、人々が寝静まった夜中に現れ、世にはびこる悪事を落書きに残して去って行くことから『晩来』と呼ばれるようになった正体不明の絵師。日々の暮らしに不満を募らせている人々が、この落書きを大絶賛し始めたことで、晩来は一躍時の人となる。

 すると、同心・渡辺小五郎(東山)ら権力者に手出しできない奉行所の面々に失望し、晩来の活躍に影響を受けた若者たちが『世直し組』を結成。晩来が絵で暴露した悪事を自らの手で一掃するべく立ち上がる。しかし、人々を喜ばせていた世直し組の正義が少しずつ暴走し始め、事態は思わぬ方向に……。正体不明の人物が人々を狂信させていくさま、その一方で一夜にしてまつり上げられた人物が一瞬で叩き落される恐怖、そして根も葉もないうわさを信じた人々が無自覚に人を傷つけて追い込んでいくという、SNSが情報を席巻する現代にも通じる悲劇を“必殺シリーズ”らしく風刺を利かせて描く。

 おなじみのレギュラー陣の活躍に加え、毎回登場するゲストも『必殺シリーズ』のみどころの一つ。ジャニーズ最年長の東山と、飛ぶ鳥を落とす勢いで躍進を続けている20代の若手2人が、世代を超えて、ドラマで初共演することになった。「藤田まことさんからバトンを受け継いで15年、僕も若い2人を迎える立場になりました。一緒に新しい風を吹かせていきたい!」と語る大先輩・東山の胸を借り、岸と西畑が必殺ワールドに飛び込む。

 岸が演じるのは、小五郎の下で働く正義感の強い岡っ引き・亥吉。権力に屈する奉行所の面々に失望した亥吉は、西畑演じる卓越した才能をもつ絵師・才三とともに『晩来』として、世に隠れた悪事を暴き始める。しかし、亥吉と才三の“世直し”が次第にエスカレートしていき……。「長く愛されているドラマなので、自分と大吾が入ることでまた新しい風を吹かせたいと思っています」(岸)、「歴史ある“必殺シリーズ”に参加できて光栄です。そして、いつか岸くんと一緒にお芝居をしたいと思っていたのですごくうれしいです」(西畑)と語る2人がどのような演技をみせるのかに注目だ。

■キャストコメント

【東山紀之】
 今年で15年目なんですが…当時は優太が10歳、大吾は9歳なんですね(笑)。一つの役でこれだけ長く続く作品に出られるというのは、とてもありがたいことです。僕が初めて“必殺”に出演させていただいた年齢が、藤田まことさんが“必殺”を始められた時と同じなので、バトンを受け継がせていただいたのかなという思いもあります。今回は僕が逆の立場になって、優太と大吾を迎えるということなので、彼らにはこの撮影所でいろいろと経験してほしいですし、いたるところに残っている先輩たちの息吹のようなものを感じることも大事だと思います。
前々回の西田敏行さん、前回の市村正親さんに続くゲストが優太と大吾…いい意味で新しい世代が出てきてくれたなと思っています。若い彼らがどういう表現をしてくれるかが、とても楽しみですね。優太には事前に“場所や人が変わればお芝居も変わる”という話をしました。石原興監督が、現場でどんどんセリフなどを変えていく方なので、臨機応変に対応できるように、あまりガチガチにしないで監督の言うことを聞いていたら間違いがない。臨機応変さは必要とされますが、彼らがこの撮影所で鍛えられるのはいいことだと思います。
今回は、若い2人と一緒に新しい風を吹かせていきたいと思いますので、どうぞお楽しみに!

【岸優太】
今回お話をいただいたあとに、東山さんに連絡させていただきました。その際に「リラックスして伸び伸びとやってくれればいい。とにかく楽しんで!」とおっしゃってくださったのが印象的でした。そのおかげでいい意味で肩の力を抜いてやらせていただくことができました。東山さんには“ジャニーさんソウル”を引き継いでいるからこそのむちゃブリ感などがあり…随所にその息吹は感じました(笑)。
東山さんは、すべてを知り尽くしていらっしゃるからか、ナチュラルにかっこいい所作を取り入れていらっしゃるんですよね。
東山さんが袖から小銭を取り出す所作を「すごくかっこいい!」と思いながら見ていました。あと、“らりるれろ”が巻き舌になる江戸弁が初めてだったのでとても難しかったです。ナチュラルに聞こえるように意識しましたが…大変でした。
そして大吾とは兄弟役で、僕からしたら最悪ですよ(笑)!
大吾は演技派なので、僕は正直怖くて仕方なかったです。だから「しっかり勉強させていただこう!」という思いで撮影に臨ませていただきました。撮影の合間には家の話や、オフの時は何をしているのかなど、たくさん話せて楽しかったですね。
長く愛されているドラマなので、自分と大吾が入ることでまた新しい風を吹かせたいと思っています。老若男女全ての方々に楽しんでいただける作品だと思いますので、ぜひ見ていただきたいです。

【西畑大吾】
東山さんとはお話したこともほとんどなく、今回初めて共演させていただくということで緊張していました。でも、最初にお話してくださった内容が税金のことだったんです(笑)。緊張が解けて、ありがたかったです。
松岡さんともお会いすることがあまりなかったんですが、ある日僕たちのところに来てくださったんです。風のように現れて、風のように去って行かれたんですけど、わざわざ来てくださったと聞いて、その男気に惚れました。才三が涼次にあこがれているのと同じで、西畑大吾的にもポッとなりました(笑)。
そして、実はいつか岸くんと一緒にお芝居をしたいと思っていたので、それが早く叶ってすごく光栄です。いざご一緒したら、すごく優しくて、僕も本当の弟気分で演じさせていただきました。
今回の撮影では、15年の厚みをすごく感じました。カメラワークが独特なんですよ。寄ったり引いたりを1台のカメラで、しかも1カットで撮影したりもするので、「今はどこを撮ってるんやろう?」と思ったりしていたんですけど、東山さんのシーンを拝見した時、どのタイミングでカメラが寄ってくるのかもわかってらっしゃるんだなと感じました。カメラが寄った時の顔が本当に素敵で、これが“あうんの呼吸”なんだなと感動しました。
今回、歴史ある“必殺シリーズ”に参加できて本当に光栄です。風刺的な部分もあって、皆さんに楽しんでいただける内容になっていると思いますので、ぜひご覧ください。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング