森山未來、監督からの「全身凶器」評価に照れ笑い「見出しになっちゃいますね」

オリコン

 俳優の森山未來、SUMIRE、篠原篤、森義仁監督が6日、都内で行われた映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』の公開記念舞台あいさつに出席した。

【集合ショット】篠原篤、SUMIRE、森義仁監督も登壇

 2016年に初版発行されて以来、多くの世代で共感を呼ぶベストセラー恋愛小説の映画化した同映画は、昔の恋人に間違えてFacebookの友達申請を送ってしまった主人公「ボク」の混沌とした1日から始まる、過去と現在をSNSがつなぐラブストーリー。

 主人公「ボク」の21歳から46歳まで演じきった森山。メガホンを取った森監督が「(森山は)全身凶器ですね。森山さんの爪の先までお芝居をして、そこまで役が行き渡っている。それくらい撮りがいのある役者さんです」と絶賛。これに本人は「これは見出しになっちゃいますね」と照れ笑いを浮かべた。

 本作は、劇場公開と同時にNetflixでも配信された。森山は「新しい試みで、たくさんの方に見ていただけるのはうれしい。映画館での映像体験と、Netflixで鑑賞する日常に近い体験は、また違う楽しみ方ができると思う」とアピールしていた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング