伊藤英明、『仮面ライダー大投票』でガチオタぶり発揮 『REAL×TIME』で高橋文哉が使用した台本を持参

オリコン

 人気の番組やキャラクターに投票できるNHKの「全〇〇大投票」シリーズ。初の特撮として「仮面ライダー」シリーズが選ばれ、11月6日にNHK・BSプレミアムで『発表!全仮面ライダー大投票』が放送。俳優の伊藤英明が生出演し、ガチオタっぷりを発揮した。

【動画】伊藤英明、“仮面ライダーエデン”変身ポーズを生披露

 作品部門の16位に伊藤が出演した『劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』がランクイン。キャストのサイン入りのTシャツを見せながら「みんな、見てるか?」と『仮面ライダーゼロワン』のキャストたちにアピール。エス/仮面ライダーエデンは、半ば逆オファーのような形だったという。出演時の裏話も惜しげもなく語っていた。

 また、お宝グッズも持参。中国限定で売っていた赤いゼロワンドライバーを、エデンの色に合わせて買ったことをぶっちゃけ。さらに、『REAL×TIME』に飛電或人/仮面ライダーゼロワン役で主演した高橋文哉が実際に使用した台本も。血のりなどもついている正真正銘のお宝で西川貴教が「なんで持っているの?」と苦笑いで聞くと、伊藤は「高橋くんに頼んだら『ぜひ』と…。サインも入れてもらって」と告白。西川は「越権行為もいいところ!」と指摘すると、伊藤は「すみません…」と照れていた。

 放送開始から50周年を迎えた変身ヒーローの代表作「仮面ライダー」シリーズ。1971年にスタートすると子どもたちに「変身!」の大ブームを巻き起こした。中断する時もあったが、平成になって復活。現在までにテレビシリーズだけで33、登場した仮面ライダーは200人を超え、若手俳優の登竜門となるなど子どもから大人まで幅広い人気を集めている。投票できるのは映画を含めた「作品」「仮面ライダー」そして「音楽」の3つのカテゴリー。なぜ半世紀にわたる長期シリーズになったのか、視聴者からの熱い想いを受けた投票結果から読み解く。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング