浜崎あゆみ、意識不明から回復 容態も徐々に安定 6日公演後に体調不良で緊急搬送

オリコン

 6日のコンサート後に体調不良で病院に緊急搬送され、アナフィラキシーショックと診断された歌手の浜崎あゆみが、意識が戻り現在は容態も徐々に安定したことが7日、スタッフからのツイートで発表された。

【ライブ写真8点】あゆが思わず感極まるシーンも

 浜崎は6日に日本ガイシホールで行われたコンサート後、急な体調不良を訴え、病院に緊急搬送。アナフィラキシーショックと診断され、きょう7日に同所で開催予定だったコンサートが中止となった。

 一夜明けたこの日、公式ツイッターでスタッフより「浜崎あゆみの経過に関してご報告させて頂きます。意識不明の状態が続いておりましたが、先ほど意識が戻り現在は容態も徐々に安定して参りました」と報告。

 「引き続き医師の指導に従い、治療に専念して参ります」とし、「応援いただいている皆様におかれましてはご心配をお掛けいたします事をお詫び申し上げます」と呼びかけた。

 浜崎は今月4日、「私の不注意により本日足首を骨折してしまいました」と足首の骨折を報告していたばかり。6日の公演は予定どおり行われたが、公演後、体調不良で救急搬送された。

 振替公演の有無やチケット払い戻しについては現在調整中。決定次第改めて、公式サイトで案内される。チケットの保管を呼びかけながら「このまま開催中止となる場合もございますのであらかじめご了承下さい」としている。

【アナフィラキシーショック】食物アレルギーで起こる症状の中で最も重症なもの。食べ物以外にも蜂による刺傷や、薬のアレルギー、運動などが原因となることもある。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング