LiSA、炎の中で歌う『鬼滅の刃』OP「明け星」MV公開 炭治郎&煉獄ジャケットも

オリコン

 LiSAの新曲でテレビアニメ『鬼滅の刃』無限列車編 オープニングテーマ「明け星」のミュージックビデオ(MV)が8日、YouTubeで公開された。あわせて同曲が収録される両A面シングル「明け星/白銀」(17日発売)のジャケット写真も公開となった。

【写真】炭治郎&煉獄イラスト版も ジャケ写3種も解禁

 「明け星」は、昨年の『日本レコード大賞』受賞曲「炎」に続き、梶浦由記氏が作詞・作曲・編曲を担当。MVは「紅蓮華」「炎」「往け」に続いて深津昌氏が監督を務め、楽曲の世界観を基に「混沌とした中にある希望」を表現した。

 幻想的な提灯の灯りで照らされるトンネルを、強い意志を持ち歩き進むLiSAの映像に、画家・中山晃子氏が手掛けた「Alive Painting」が融合。曲や歌の世界を表すような混ざり合う液体の映像が重なっていき、楽曲の世界観を広げている。LiSAが夜の荒野で炎に囲まれ歌うシーンでは、楽曲の歌詞に込められた力強さやスケール感が表現されている。

 LiSAは自身のツイッターを更新。「#明け星 のMV観てくれた? 楽曲だけの味わい深さ、OP映像とのマッチング、MVでの世界観。こんなに表現が広がる。梶浦さんに託していただいた素晴らしい楽曲」とアピールした。

 同曲は、10月18日から先行配信中。11/8付オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキングで2週連続1位となり、通算6作目の1位を獲得。同ランキング通算1位獲得作品数記録で女性ソロアーティスト歴代単独1位となった。

 ジャケット写真は、テレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編の登場キャラクター、竈門炭治郎と煉獄杏寿郎の描き下ろしイラストを使用した期間限定生産盤、LiSAのビジュアルをあしらった通常盤2種類。通常盤の初回仕様限定盤には和紙風スリーブが付いており、和紙風スリーブから透けるLiSAのビジュアルが印象的な”和”をモチーフにしたデザインとなっている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング