「バイオハザード」の原点を描く新作実写映画、日本公開日は2022年1月28日

オリコン

 全世界のシリーズ累計売上本数が1億1700万本を超えるカプコンの大人気ゲーム「バイオハザード」から生まれた実写映画シリーズがリブート。「バイオハザード」の原点に戻る新たな映画『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』の日本公開日が、2022年1月28日(金)に決定した(全米公開:2021年11月24日予定)。

【動画】『バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』劇場版予告

 先日第1弾の予告映像が解禁されるや、原作ゲームに類似するシーンの登場や、ホラーアクションとしての恐怖と臨場感に早くも「バイオハザード」ファンを熱狂させ話題沸騰となっている本作。このたび日本版ポスターと劇場版予告も新たに解禁された。

 日本版ポスターでは、巨大複合企業<アンブレラ社>のロゴを背景に、クレア(カヤ・スコデラリオ)、クリス(ロビー・アメル)、ジル(ハナ・ジョン=カーメン)、ウェスカー(トム・ホッパー)、レオン(アヴァン・ジョーギア)の5人が勇ましく佇み、さらには、【「絶望は」 この街で 産声を あげる――。】というコピーが。ここラクーンシティで起きた一夜の出来事が、全ての悲劇の始まりとなったことを示唆する。<アンブレラ社>が秘密裏に行っていた人体実験。そして街中にあふれる、変わり果てた姿の住民たち…。1998年9月30日、この日、このラクーンシティで一体何が起こったのか?

 同時解禁された劇場版予告のラストでは、「人体実験」「研究」「拡散」「機密」「漏洩」など、謎をひも解くカギと思われるキーワードが散りばめられ、次なる展開を期待させる。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング