清川あさみが“いのち”テーマに光のアート 秋元梢「銀座を通った人の足が止まっちゃう」

オリコン

 アーティスト・清川あさみ(42)とモデル・秋元梢(34)が8日、東京・銀座で行われた『GINZA SIX Xmas エントランスアート点灯公開・トークイベント』に出席。かねて親交の深い2人が、年末の銀座のランドマークとなるクリスマスアートに灯りをともした。

【全身ショット】“ツリーの葉っぱ”風ロングドレスで魅了した秋元梢

 銀座の商業ビル「GINZA SIX」で、“The Show-歩くだけで輝くクリスマス-”をテーマにしたクリスマスプロモーションがスタート。清川が“いのちと光の柱”を題材にディスプレイアート『OUR NEW WORLD』を完成させ、この日エントランスでお披露目された。特徴的なLED演出で、秋元は「銀座を通った人、みんな足が止まっちゃうんじゃないかな」と太鼓判を押した。
 
 コロナ禍を受けて「何をクリスマスモニュメントとして作ればいいのか悩んだ」と明かした清川。兵庫県・淡路島に帰郷して構想を練り、「自然の力にエネルギーをいただいて、自分たちの生が自然とともに息づいていることを感じた」ことから、生命の息吹や希望をつむぐ作品に着手。アニメーションも取り入れ、カラフルでストーリー性のあるディスプレイアートに仕上がった。

 古代の神話からもアイデアを取り入れ、清川は「銀座という未来につながる都市を一つの形にできたら。ここから何かが始まる、始まったらいいな」とアピール。その出来ばえにふれ、秋元は「クリスマスツリーやキラキラしたイルミネーションとはまた違った変化が楽しめる。いつも清川さんには教えてもらってばかり」と感動しきりだった。

 ディスプレイアートは、同所で12月25日まで楽しめる。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング