ぺこぱ、声優初挑戦『キングスマン』最新作に抜てき 起用理由は「漫才が紳士的」

オリコン

 お笑いコンビ・ぺこぱのシュウペイと松陰寺太勇がそろって、人気映画シリーズ最新作『キングスマン:ファースト・エージェント』(12月24日公開)の日本版声優に抜てきされたことが発表された。起用理由は「漫才が紳士的すぎる」。声優初挑戦となる2人は、「自分たちらしさをあえて出さず、『あれ?ぺこぱってどこで出たのかな』というぐらい自然な声で演じられた」と、手応えを語っている。

【動画】ぺこぱがナビゲート「“キングスマン”の魅力まるわかり動画」

 表の顔は、高貴なる英国紳士。裏の顔は、世界最強のスパイ組織“キングスマン”。スタイリッシュな英国紳士が、ド派手で超過激なスパイアクションを繰り広げ、世界中で大ヒットした映画『キングスマン』(2015年)、『キングスマン:ゴールデン・サークル』(18年)に続く最新作は、“キングスマン”誕生の物語。

 日本版では、俳優の小澤征悦が、”キングスマン“創設に関わる高貴なる英国紳士・オックスフォード公役、声優の梶裕貴が、オックスフォード公の息子・コンラッド役を務めることが発表されている。今回、明らかになったぺこぱの松陰寺は「争いの火種を作るテロリスト」のプリンツィプ役、シュウペイは“キングスマン”と関わりを持つ「ロシアの有力イケメン貴族」のフェリックス役の吹替を担当。

 日本版声優に抜てきされ、「びっくりして後ろに7回ひっくり返りました!」(シュウペイ)というほど驚きだったようだが、2人とも「うれしいよね」と大喜び。アフレコを振り返って松陰寺は「大好きなシリーズなので、本当にフォ(と)ても光栄です。いつも通りの松陰寺語で挑みましたが、『そうじゃない』と言われオールカットになりました(笑)。普通に紛れすぎている松井(本名)の声に注目してみるのも、悪くないだろう。ピュ〜♪」と、コメント。

 シュウペイは「大人気スパイシリーズの最新作に参加させていただいてとてもうれしく思います。いつも『笑い方が変』って言われるので心配して現場入りしましたが、笑うシーンは全くなかったです。『これシュウペイ?』って思うくらいのイケボで、イケメン貴族を演じましたので楽しみにしてておくんなましー!!」と、アピールしている。

 コロナ禍で何度も公開延期を繰り返したため、楽しみにしているが細かいことは忘れてしまった、という人もいるのではないかと制作された、『キングスマン』シリーズの魅力を再確認できる「“キングスマン”の魅力まるわかり動画」にもぺこぱが登場。「シリーズは全部観たけど、延期しすぎて忘れちゃった」と吹替声優らしからぬ発言を繰り出すシュウペイの一言から、シリーズの始まりと魅力を松陰寺が徹底レクチャーする内容となっている。 “キングスマン”ではお馴染みの、表向きは高級紳士服テーラーだが、隠し扉を進むと表れる様々なガジェットが並ぶあの秘密の部屋。そこで、“キングスマン”を意識して、普段とは違うスーツ姿でビシッとキメたぺこぱが、「時を戻そう」と“キングスマン”の魅力をナビゲートする。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング