「コスパ最強」“血中酸素常時測定”も対応、1万円台スマートウッチ『HUAWEI WATCH FIT』

オリコン

 健康やスケジュール管理、支払いなど、腕時計で様々なことが叶う、スマートウォッチ。華為技術日本株式会社(ファーウェイ・ジャパン)は、昨年発売した人気のスマートウォッチ『HUAWEI WATCH FIT』のリニューアルモデルとなる『HUAWEI WATCH FIT new』を、19日より発売する。

【写真】コスパ最強なスマートウォッチ 選びやすい新色や見やすい画面をチェック

 同商品は、市場想定価格15,180円(税込)で、前モデルに引き続き、血中酸素の常時測定に対応し、睡眠モニタリングや心拍数モニタリング、ストレスモニタリングなど健康管理に役立つ機能を備えている。また、GPSが内蔵されており、ウォーキングやランニングなどの位置データをリアルタイムに記録することも可能。通常使用で約10日間のタフなバッテリーも魅力だ。

 カラーバリエーションは、前モデルのサクラピンク、グラファイトブラックに加え、ポメロレッド、アイルブルーが新登場した4色。外出の多い人はもちろん、リモートワークやリモートスタディが日常となった今、健康やスタイル維持が気になる人からも注目を集めている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング