Netflix『幽☆遊☆白書』実写ドラマ、2023年12月配信決定

オリコン

 Netflixで初の実写ドラマ化が決定している『幽☆遊☆白書』(略、幽白)が、2023年12月に全世界独占配信されることが9日、発表された。

【動画】期待高まる!実写ドラマ『幽☆遊☆白書』の新情報告知PV

 坂本和隆エグゼクティブ・プロデューサーは「国内外から最高峰のチームが集結することで、原作がもつ壮大な世界観の魅力を最大化できることに喜びを感じます」と意気込んでいる。

 原作は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で1990年から94年にかけて連載され、同誌の黄金時代を支えた大ヒット漫画で、主人公の浦飯幽助とその仲間たちの活躍を描いた冒険活劇。人間界、魔界、霊界をまたにかけ、個性あふれるキャラクターたちが次々と降りかかってくる困難に立ち向かうファンタジーアドベンチャーで、ゲーム化、アニメ化、舞台化などファンから長く愛されている。

 漫画の幽助は中学生だったが、ドラマではけんかに明け暮れる毎日を過ごす高校生に。ある日、幼い子どもをかばって事故死してしまい霊体となる幽助だったが、霊界案内人を名乗る女性・ぼたんから、不良である自分が「善い行い」で死ぬことが想定外だったため、天国にも地獄にも彼の行き先がないという事実を告げられる。生き返るための試練に挑み、霊界探偵として人間界・魔界・霊界を舞台に壮大な謎に巻き込まれていく…ストーリー。

 坂本氏は「原作世代として育ち、当時のその熱狂と衝撃は鮮明な記憶として残っています。20年たった今でもその勢いは衰えるどころか、アジアをはじめ全世界にファンはひろがり続けていく中、Netflixにおける自由度の高い表現プラットフォームを最大限生かして作品づくりに向き合います。尺規制の無い各エピソードでのストーリー展開に加え、国内外から最高峰のチームが集結することで、原作がもつ壮大な世界観の魅力を最大化できることに喜びを感じます」とコメントを寄せている。

■スタッフ情報
エグゼクティブ・プロデューサー:坂本和隆
プロデューサー:森井輝
制作プロダクション:ROBOT
企画・製作:Netflix

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング