筧美和子、芸能界の父はさまぁ~ず 意外な一面明かす「よくない時は叱ってくれる」

オリコン

 女優の松井玲奈(30)、筧美和子(27)、しゅはまはるみ(47)、前田聖来監督(25)が9日、都内で行われた『幕が下りたら会いましょう』(11月26日公開)完成披露上映会の舞台あいさつに登壇した。

【全身ショット】デコルテ透けドレス姿の松井玲奈&ひざ丈ワンピで美脚スラリな筧美和子

 筧は「生きている時間が短かった役…。シーンとしては多くなかった」と苦笑いしながらも、「監督と対話を重ねていく中で尚という役を探っていく感じだった。松井さんに抱きしめられるシーンがあったんですけど、すごく鳥肌が立った。それが初日。(松井演じる)麻奈美の感情がブワーッといろんな感情が伝わってきた。ヒントの少ない役だったので、尚という人を知るにあたって、みなさんの存在が大きかったです」と感謝。松井は「撮影が始まってから、なかなか筧さんとのシーンがなかった。筧さんの初日は『尚にやっと会えた!』という気持ちの中で、そのシーンに臨んでいた。やっとちゃんと触れることができて、うれしい瞬間でした」と懐かしんでいた。

 作品の内容にかけて、もう1度会いたい人という質問が。筧は「私は、さまぁ~ずさん。ありがたいことに、すごく仲良くさえていただいて芸能界の父だと思っている。以前は、よくご飯に連れていってもらったり、番組で会う機会もあったんですけど、なかなか最近は会えなくて…。会いたいなって思いながら、さまぁ~ずさんの番組を毎晩、見てます」とにっこり。一方で、「よくない時は叱ってくれる」という。「私の実家の天ぷら屋にも、ご飯を食べに来てくれて親にも会ってくれた。すごく親しくさせていただいてます。早く会いたくて…。1番に思い浮かびました」と笑顔で語っていた。

 本作は、女優・松井玲奈の単独初主演映画。麻奈美(松井)と尚(筧)の姉妹が、現代社会の抱える問題に直面しながら、不器用にもいまっすぐ生きる女性を描くエンターテインメント作品。麻奈美の母・京子に『カメラを止めるな!』でブレイクしたしゅはまらが出演する。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング