「うっせぇわ」Ado、声でドラマ初出演「なんだか不思議な気持ち」 主題歌担当の『ドクターX』に

オリコン

 女優・米倉涼子主演のテレビ朝日系大ヒットドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(毎週木曜 後9:00)。11日放送の第5話で、デビュー曲「うっせぇわ」が大きな話題となった覆面の歌い手・Adoが、声でドラマ初出演することとなった。

【写真】新シリーズではパンツタイプのナース服になる今田美桜

 今シリーズでは、主題歌「阿修羅ちゃん」を担当するAdo。パワフルな歌声で、『ドクターX』を盛り上げている。歌声一本で勝負してきたAdoが、第5話のどんなシーンに、どんな形で、声で出演するのか。すべてはオンエアで明らかとなる。

 収録でAdoは大緊張。それでも、さすがの歌い手。せりふのイントネーションやブレスの入れ方などを、細かく確認していた。何度も自主練習を繰り返すなど、全力を注いだ。無事に収録を終えたAdoは「イントネーションや言い回しがすごく難しくて、苦戦したところもありましたが、とても貴重な経験でした。本当にありがとうございました」とコメント。歌声とはまた一味違う魅力を放つ貴重な声でのドラマ初出演となる。

 第5話には、愛想はすこぶる悪いが、腕は超一流のスーパーフリーランス看護師・那須田灯(松下奈緒)が登場。灯がオペ看として参加した手術で、手術ミスが発覚。急いで原因を突き詰めようとする大門未知子(米倉)。そんな中、この一件によって誘発された理不尽な事件をめぐり、未知子と灯が真っ向から激突する。孤高のフリーランス同士だからこそ、絶対に譲れない矜持が。かつてない火花が散る“ドクターX VS. ナースX”対決のゆくえは。

■Adoコメント
 まさかさりげなく自分が地上波のドラマに出演する日が来るなんて…。恐れ多いです…。ただ、音声なのでなんだか不思議な気持ちです…。

 たった一言でも、イントネーションや言い回しがすごく難しくて、苦戦したところもありましたが、とても貴重な経験でした。本当にありがとうございました。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング