ディズニー&ピクサー新作『私ときどきレッサーパンダ』特報解禁

オリコン

 ディズニー&ピクサーの新作『Turning RED(原題)』が、『私ときどきレッサーパンダ』の邦題で2022年3月11日より劇場公開されることが発表された。ポスターとキュートなレッサーパンダが登場する特報が解禁となった。

【動画】『私ときどきレッサーパンダ』特報解禁

 『トイ・ストーリー』『モンスターズ・インク』『ファインディング・ニモ』『インサイド・ヘッド』などなど…、イマジネーションあふれるユニークな“も
しも”を描き、数々の感動的な物語を生み出してきたディズニー&ピクサー。今回の新作は、“ときどきレッサーパンダになってしまう女の子”の物語。

 主人公メイは、伝統を重んじる家庭に生まれ、両親を敬い、母親の期待に応えようと頑張るティーンエイジャーの女の子。「私はマジメ…私は素直…私は頑張り屋…」とコミカルな表情で自分自身に言い聞せるメイが描かれる。フラストレーション全開のメイは次の瞬間、大爆発! ピンク色の煙とともに、なんとモフモフのレッサーパンダに変身。

 母親の前ではいつも“マジメで頑張り屋”のメイだが、実はアイドルや流行りの音楽も大好きで、恋をしたり、友達とハメを外して遊んだり、やりたいことがたくさんある。そんな彼女は、ある出来事をきっかけに本当の自分を見失い、感情をコントロールできなくなってしまう。

 悩み込んだまま眠りについたメイが翌朝に目を覚ますと…レッサーパンダの姿になってしまったのだ。なぜメイはレッサーパンダになってしまうのか? そこに隠されたメイも知らない驚きの秘密とは…。ありのままの自分を受け入れてくれる友人。メイを愛しているのに、その思いがうまく伝わらずお互いの心がすれ違う母親。さまざまな人との関係を通してメイが見つけた、本当の自分とは――。

 監督は、ピクサーの短編アニメーション『Bao』で第91回アカデミー賞短編アニメーション賞をアジア系女性として初めて受賞したドミー・シー。命が宿った“中華まん”を息子として育てていくコミカルかつ奇想天外なストーリーの中で、親子のほろ苦い真実と深い愛という普遍的なテーマを描き、人々を魅了する。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング