日本代表、1月中旬始動へ

共同通信

 サッカー日本代表がワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第7、8戦に備え、来年1月中旬に始動する方向で調整していることが16日、関係者の話で分かった。国内の候補選手の合宿で、対外試合も計画している。

 日本は来年1月27日に中国と、2月1日にサウジアラビアとホームで対戦する。重要な2試合へ向けてオフ明けとなる国内組のコンディションが懸案になる。クラブに選手の派遣義務がない期間も含まれるが、森保監督の下で練習できるように日本サッカー協会が交渉している。

 1月22日に対外試合を組む方針で、実現すればJリーグでプレーする選手がアピールできる貴重な機会となる。

PR

Jリーグ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング