辻16年ぶりSG制覇、遠藤大会4V チャレンジカップ 【多摩川】

友好紙

 多摩川ボートのSG「第24回チャレンジカップ」は最終日の28日、12Rで優勝戦が行われ、1号艇の辻栄蔵(46)=広島=が2Mで差し返しを決め、2005年・グランプリ(GP)以来となる3回目のSG優勝。賞金3300万円を加算して年間の賞金ランクはレース前の29位から8位に浮上し、逆転で暮れのGP出場を決めた。G2「第8回レディースチャレンジカップ」は11Rで優勝戦を争い、1号艇の遠藤エミ(33)=滋賀=がインから逃げを決め大会4Vを達成。賞金450万円を獲得して女子同ランク1位をキープした。この結果、SG「第36回グランプリ」(住之江・12月14~19日)と、プレミアムG1「第10回クイーンズクライマックス」(福岡・12月28~31日)の出場選手が出そろった。

ヒーロー

 円熟味を増したテクニシャンが多摩川で復活だ。予選1位からの王道Vは2Mでの大逆転劇。辻が16年ぶりのSG制覇で、同時にグランプリ出場も決めた。

 薄氷を踏む勝利だった。コンマ10のSを切ったが1Mでターンが流れる。その懐に飛び込んできたのは瓜生。「あ~っ、差された~」と辻は失敗を嘆いたが、BSで最内をするする伸びてきた桐生を確認。「(2Mは)いい展開になると思った」と勝機を見いだすと、その予想は見事的中する。桐生を抱きながら回った瓜生がやや外に膨らむと、ブイ際はがら空き状態に。ビクトリーロードが開け、そこを目掛けて鋭く舟を向けると先頭へ。その後はしっかりと周回を重ね、ゴール前では右手人さし指を立てファンに優勝を報告した。

 3度目のSG戴冠。「タイトルは取れるなら取りたいと思って走っているけど、チャレンジカップはなかなか勝てるメンバーじゃない。今回はたまたま僕が優勝できた。これからも選手を続ける中で失敗はできないし、身が引き締まる思いです」と久々のビッグ優勝に、喜びをかみしめる。

 10月のダービー優出で今節の出場権を獲得し、あれよあれよと5年ぶりの年末、頂上決戦の出場権を手にした。「勢いは僕が一番。10月、11月、そして12月と行っちゃいましょー」と高らかにV宣言した辻。46歳になっても、若手時代から突き抜けていたターン技術はまだまだ健在。来月の住之江決戦が、ますます楽しみになってきた。(白川正樹)

 ◆辻 栄蔵(つじ・えいぞう)1975年3月23日生まれの46歳。広島県安芸郡出身。市立広島工高卒業。94年5月デビューの74期。同期には守田俊介、勝野竜司、石渡鉄兵、鳥飼真、伊藤誠二、立間充宏らがいる。96年5月に宮島で初優勝。SGは2000年・オーシャンC(宮島)で初出場し、03年・オーシャンC(蒲郡)で初優勝。ほか、05年・グランプリ(住之江)、21年・チャレンジC(多摩川)でSG3冠。G19Vを含む通算優勝は80回。169センチ、54キロ、O型。

【戦い終わって】

 桐生順平(3着)1周2Mで6着まで落ちたけど、3着まで上がれたし、足はバランスが取れていて良かったと思う。

 山口剛(4着)少しピット離れを意識して調整。勝負をかけてみたけど。中島選手の方が伸びが良くて、うまく差せなかった。

 中島孝平(5着)雰囲気はまあまあ良かったと思う。まあ、やれることはやったと思う。

 新田雄史(6着)足は完璧。中途半端なレースになってしまった。また出直して頑張ります。

【12R優勝戦VTR】

 S展示から動きはなく枠なり3対3。(1)辻がインから先マイしたがターン漏れ。(2)瓜生の差しが届き、さらに最内から(4)桐生も伸ばして3人の首位争い。2Mで瓜生は桐生を抱きながら回ったが流れ、2艇をまとめて差した辻が逆転。瓜生は惜しくも2着。

ヒロイン

 盤石のVだった。女子賞金額トップに立つ遠藤エミが、実力通りに優勝戦1号艇に座って完勝。コンマ11のトップSを決め、3コースの西村美智子が攻めてきても、遠藤にとっては全くプレッシャーにならなかった。「前検からタイムが良かったし、あとは自分がしっかり合わせるだけだと思った。優勝戦もいい調整ができて、舟足の感触も良かった」。節一に仕上げた舟足で先マイを果たすと、あっさり独走に持ち込んで優勝ゴールを駆け抜けた。

 大会相性は抜群で、これで実に4度目の制覇。今年は浜名湖レディースチャンピオンを制して初の夏の女王に輝いたが、年末に控える福岡クイーンズクライマックスにも最高のリズムで向かうことができる。賞金トップを守っての参戦で、トライアル初戦はもちろん1号艇。史上初の夏冬連続G1V達成は目前だ。(岡部貴礼)

 ◆遠藤エミ(えんどう・えみ)1988年2月19日生まれの33歳。滋賀県出身。八幡商高卒業。2008年5月、びわこデビューの102期。同年9月に初1着、12年11月に初V。17年12月の大村クイーンズクライマックスでG1初Vを挙げ、同年は優秀女子のタイトルも獲得した。今年8月には浜名湖レディースチャンピオンを制しG12V。通算36V。154センチ、45キロ、A型。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング