柔道、斉藤と影浦は2回戦から

共同通信

 全日本柔道連盟は3日、体重無差別で争う全日本選手権(26日・講道館)の組み合わせを発表し、五輪王者の故斉藤仁氏の次男で19歳の斉藤立は2回戦から登場する。6月の世界選手権100キロ超級王者の影浦心も2回戦からで、両者は決勝まで当たらない。

 昨年初優勝の羽賀龍之介や昨年2位の太田彪雅、過去3度制覇の王子谷剛志も2回戦が初戦。100キロ超級の原沢久喜ら東京五輪代表はエントリーしなかった。

 全日本女子選手権(25日・講道館)の組み合わせも決まり、最軽量の48キロ級で世界選手権覇者の角田夏実が昨年に続いて体重無差別の闘いに挑戦。2回戦から出場する。

PR

柔道 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング