バスケBリーグ勢「初代王者に」

共同通信

 バスケットボール男子で東アジアの王座を決める東アジアスーパーリーグ(EASL)に参戦するBリーグの島田慎二チェアマンが8日、オンラインで記者会見し「善戦では面白くない。初代チャンピオンになりたい」と抱負を述べた。

 EASLは2022年10月に開幕し、優勝賞金は100万ドル(約1億1400万円)。Bリーグや韓国、フィリピンの国内リーグの優勝、準優勝チームなど計8チームで争う。

 今後は中国のトップチームの参戦も想定しており、島田チェアマンは「トップレベルが結集することで東アジアの底上げ、発展にもつながっていく」と期待を込めた。

PR

バスケ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング