元横綱稀勢の里、二所ノ関襲名へ

共同通信

 大相撲の荒磯親方(35)=元横綱稀勢の里、本名萩原寛、茨城県出身=が年寄「二所ノ関」を襲名することが19日、関係者の話で分かった。師匠を務める荒磯部屋は初場所(来年1月9日初日・両国国技館)から二所ノ関部屋に名称が変更。既に日本相撲協会理事会でも承認されている。現在の二所ノ関親方(元大関若嶋津)は来年1月12日に65歳になり定年となる。

 「二所ノ関」は五つある一門の一つで伝統の名跡。関係者によると、将来的には相撲協会の中心を担ってほしいとの期待が込められているという。二所ノ関部屋は13年に閉鎖されたが、14年12月に松ケ根部屋からの名跡変更で復活した。

PR

大相撲 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング