工藤氏、筑波大の博士課程目指す

共同通信

 ソフトバンクの監督として7年間で5度の日本一に輝き、今季で退任した工藤公康さん(58)が26日、来春に筑波大大学院博士課程入学を目指していることを明らかにした。さいたま市の埼玉・浦和学院高で開催された野球フォーラムに参加し、野球を研究したい意向を示し「子どもたちにつながっていけるような経験になれば」と語った。

 フォーラムでは子どもの頃の経験を踏まえて参加者に助言。「いい投げ方を学び取って練習し、自分のおかしいと思ったところは人に見てもらって修正する。それを繰り返すと技術につながる」と語りかけた。

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング