三浦知良、鈴鹿移籍で大筋合意

共同通信

 サッカー元日本代表FWで、来季J2に降格する横浜FCの三浦知良(54)が、日本フットボールリーグ(JFL)の鈴鹿ポイントゲッターズに移籍することで大筋合意したことが29日、複数の関係者の話で分かった。鈴鹿は兄の泰年氏(56)が監督兼GMを務めている。

 横浜FCからも契約延長を打診されていた三浦は今季、リーグ戦の出場が1分、カップ戦も出場3試合にとどまり、出場機会を求めて移籍先を探している。J2の琉球などからも誘いを受けていた。

 三浦は05年から横浜FCでプレー。ブラジル時代を含めてプロ36年目を迎えた今季は、J1最年長出場記録を54歳12日に更新した。

PR

Jリーグ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング