大橋未歩アナ『必殺仕事人』でドラマデビュー 初演技は“夫を殺された妻”役「精一杯演じました」

オリコン

 フリーアナウンサーの大橋未歩(43)が9日放送のABCテレビ・テレビ朝日系スペシャルドラマ『必殺仕事人』(後9:00~10:55)にゲスト出演し、ドラマデビューを飾ることが発表された。今回が初演技となる大橋は、正義を貫こうとするも口封じのために殺される代官所手代・坂口勝之助(松田悟志)の妻・千代役を務める。

【場面写真】岸&西畑の幼なじみ役!『必殺仕事人』でヒロインを務める高月彩良

 1972年に『必殺仕掛人』としてスタートして50年目、2007年に東山紀之主演の“必殺シリーズ”として復活して以来、15年目に突入する今年。毎回世相を反映した問題を描き出すことで話題の必殺シリーズだが、今回は『SNSの怖さ』をテーマに、根も葉もないうわさが生む悲劇や、無自覚に人を傷つけてしまうことの恐ろしさを描く。渡辺小五郎役の東山をはじめ、経師屋の涼次役のTOKIO・松岡昌宏、リュウ役のHey! Say! JUMP・知念侑李、花御殿のお菊役の和久井映見、瓦屋の陣八郎役の遠藤憲一ら“仕事人”メンバーと、ゲストとなる明神亥ノ吉役のKing & Prince・岸優太、才三役のなにわ男子・西畑大吾ら豪華キャストでお送りする。

 大橋が本作で演じる千代は、幕府に納める冥加金を横領しているというのある代官・中野市太郎(クロちゃん)を問いただし、口封じのために殺されてしまう代官所手代・坂口勝之助の妻。正義を貫こうとした夫を無残にも殺され、悲しみに暮れるという役どころだ。

 大橋は今回の出演にあたり、「初めての演技、しかも時代劇で不安でしたが、石原(興)監督をはじめ、スタッフの皆さまや現場の方々があたたかく迎えてくださり感謝しています。夫が殺された悲しみや悔しさを想像しながら精一杯演じさせていただきました」とコメント。難しい役どころに体当たりで臨んだ大橋の熱演に注目してほしい。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング