SixTONES、『スパイダーマン』イベントにサプライズ登場 ジェシー「6人の糸が切れないように」

オリコン

 人気グループ・SixTONESが8日、都内で行われた映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』公開記念スペシャル舞台あいさつにサプライズで登場した。

【パフォーマンス写真】妖艶な光の中…「Rosy」を披露するSixTONES

 本作の日本語吹替版の主題歌「Rosy」を担当しているSixTONES。大のスパイダーマンファン京本大我は「いまだに信じられないです。吹替版を見させていただきましたが、これは現実なのか、とまどうくらいうれしかったです」と喜びをあらわにした。

 高地優吾は「重圧に押されそうになりましたし、スクリーンでSixTONESの名前が出ていると思うとドキドキ」といい、松村北斗は「スパイダーマンの世界にお邪魔させていただくという気持ちで。尊敬の念がさらに強くなりました」、森本慎太郎は「好きな映画にかかわれるのはうれしかったですし、SixTONESの文字が(エンドロールで)出るときはうれしかったです」と大ヒットシリーズへのリスペクトを口にした。

 田中樹は「最高峰のプロの方に歌を作っていただきました。おこがましいですが、(主題歌のパフォーマンスを)見る機会があったときに、スパイダーマンの世界観を感じていただけたらと思い全力で取り組みました」と映画ファンにもぜひ聴いてほしいと語った。

 そして、イベントの締めのあいさつをしたジェシーは「まさか僕たちがかかわれると思っていなかったので光栄です。ひとりでも多くの方に作品を愛していただけたらうれしいです」と笑顔。続けて「スパイダーマンのように6人の糸が切れないように、日本中、世界中飛び回りたいと思います」とさらなる飛躍を誓った。

 本作は、トム・ホランドがスパーダーマン/ピーター・パーカーを演じるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)版「スパーダーマン」シリーズの3作目。世界中にスパイダーマンであることがバレてしまったピーターは、「人々から自分がスパイダーマンであるという記憶を消してほしい」とドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)に依頼。ところが、ドクター・ストレンジが唱えた危険な呪文によって時空が歪み、マルチバースの扉が開いてしまう。それぞれのユニバース(過去の「スパイダーマン」シリーズ)から強敵たちを呼び寄せてしまったピーターは、事態を収拾させるためにある決断をする。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング