ジェシー、ボケ連発で会場わかす 同い年のトム・ホランド愛を語り「仲良くなれたらいいな」

オリコン

 人気グループ・SixTONESが8日、都内で行われた映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』公開記念スペシャル舞台あいさつにサプライズで登場した。

【パフォーマンス写真】妖艶な光の中…「Rosy」を披露するSixTONES

 本作は、トム・ホランドがスパーダーマン/ピーター・パーカーを演じるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)版「スパーダーマン」シリーズの3作目。世界中にスパイダーマンであることがバレてしまったピーターは、「人々から自分がスパイダーマンであるという記憶を消してほしい」とドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)に依頼。ところが、ドクター・ストレンジが唱えた危険な呪文によって時空が歪み、マルチバースの扉が開いてしまう。それぞれのユニバース(過去の「スパイダーマン」シリーズ)から強敵たちを呼び寄せてしまったピーターは、事態を収拾させるためにある決断をする。

 冒頭のあいさつでジェシーは「MJ役をやらせていただきました。ジェシーです」と小ボケで会場をわかす。さらに、映画を鑑賞した感想では「トム・ホランドかっこいいですね~。裏でも優しくて」とMJ役の設定を崩さず、高地優吾からは「なりすましがすごい!」とツッコまれていた。

 また、スパイダーマンを6文字で区切り、フリップの文字をもとにスパイダーマンの魅力をひと言で表現した6人。「イ」を担当したジェシーは「イギリス育ちのトム・ホランドさん」となぜかプロフィールを紹介。「1996年6月1日生まれで、僕と同い年で誕生日も近いので、ここから仲良くなれたらいいな」と最後まで、トム・ホランド愛をのぞかせ、会場も笑いに包まれていた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング