女性たちのスパイ映画『355』海外版予告&グラビアのようなオフショット解禁

オリコン

 各国の女性エージェントたちが力を合わせ、世界を救うミッションに挑む、スパイ・アクション映画『355』(読み:スリー・ファイブ・ファイブ、2月4日公開)より、ジェイ・Z(feat.リアーナ&カニエ・ウェスト)による楽曲「Run This Town」が緊迫感をあおる海外版予告が解禁された。

【動画】映画『355』海外版予告

 格闘術のスキルが高いCIAのメイス(ジェシカ・チャステイン)、過去にトラウマを抱えるBND/ドイツ連邦情報局のマリー(ダイアン・クルーガー)、最先端のコンピューター・スペシャリストでMI6のハディージャ(ルピタ・ニョンゴ)、コロンビアの諜報組織に所属の優秀な心理学者グラシー(ペネロペ・クルス)、中国政府で働くリン・ミーシェン(ファン・ビンビン)。

 あらゆるセキュリティをくぐり抜け、世界中のインフラや金融システムなどを攻撃可能なデジタル・デバイスが南米で開発され、その途方もなく危険なテクノロジーが闇マーケットに流出しようとしていた。この非常事態に対処するため、各国から5人の女性エージェントが集結。ライバル同士からチームとなりコードネーム「355」を結成する。それぞれの才能を駆使して、世界をカオスに陥れるテクノロジーデバイスを利用しようとする国際テロ組織に立ち向かっていくストーリー。

 解禁となった海外版予告は、ジェシカ・チャステイン演じるメイスによる本作のタイトルでもある“355“についての説明から始まる。18世紀アメリカの独立戦争時代に活躍した伝説の女スパイ、通称“355“。彼女たちの本名は伏せられた。でもレガシーは受け継がれる。

 そして、レガシーを受け継いだ各国のエージェントが共通の敵に対抗するために協力し、華麗なるチームプレイでミッションを遂行していく様が次々と映し出される一方で、「これ以上続けられない」と本音を吐露する場面も。「自宅まで追ってくるわよ」という仲間の言葉のとおり愛する家族を盾に取られたり、屈強な武装集団に囲まれ襲撃を受けたり…感情を抑えつけ過酷なミッションに共に立ち向かう姿は、見る者の胸を熱くする。

 さらには高層ビルをよじ登るジェシカ・チャステインや床を爆破して落下しながら銃撃するダイアン・クルーガー、棒アクションで華麗に敵をなぎ倒すファン・ビンビンなど、映画ファンの期待を高める女優たちの雄姿も。はたして、彼女たちは世界の危機を救うことができるのか!? 個性あふれるキャラターたちが繰り広げるチームプレイ、そしてド派手なアクションにもさらなる期待が膨らむ予告編となっている。

 あわせて解禁となったメイキング写真は、ワイヤーに吊るされたジェシカ・チャステインや、バイクにまたがるダイアン・クルーガーなど、迫力のアクションシーンのメイキングカットのほか、サイモン・キンバーグ監督が演出する姿を写したものも。さらに、ジェシカとセバスチャン・スタンの画になる2shotや、ジェシカ、ダイアン、ルピタ、ペネロペが肩を寄せ合う、まるでグラビアのような豪華オフショットも含まれ、緊迫したシーンの裏側にあった仲睦まじい撮影現場を垣間見ることができる。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング