リーアム・ニーソン、11歳の天才子役から「多くのことを学んだ」

オリコン

 “的中率100%の男”こと元海兵隊の腕利き狙撃兵が、凶悪麻薬カルテルと対峙するアクション映画『マークスマン』(公開中)で主演を務めたリーアム・ニーソン(現在69歳)のインタビュー映像が到着した。同作で共演した、撮影当時(2019年)11歳の子役ジェイコブ・ペレスをリスペクトする様や、役作りにおいてリアリティを追求するため、なんと“読書”でイメージトレーニングしていることなどを語ってくれている。

【動画】リーアム・ニーソン、ロングインタビュー

 『マークスマン』は、ニーソン演じる元狙撃兵の主人公ジム・ハンソンが、メキシコの麻薬カルテルの魔の手から逃れるため国境を越えてきた少年を助けたために、追われる身に。ジムは、親戚が暮らすシカゴに少年を送り届けるためにアメリカ横断の旅へ出かけるが、アメリカに不法侵入したカルテルは執拗(しつよう)に彼らを追撃する。ジムと少年は無事シカゴにたどり着けるのか、ハラハラドキドキのアクション・エンタテインメント。

 命を狙われる孤独なメキシコ人少年ミゲルを演じたジェイコブは、初めて長編映画に出演。リーアムは「彼は経験は少ないが、表情が実にすばらしかった。瞳の奥に悲しみが宿っている。年齢に合わない経験を積んでいるように感じる。ジェイコブから多くのことを学んだよ。彼の意識はすばらしい。非常に感傷的なシーンに挑む時でも、落ち着き払っていた。実にありのまま演じていて演技してないかのようだった」と、ほめまくった。

 リーアムは長いキャリアの中でジェームズ・キャグニーによる「部屋に入ったら役に没入しありのまま話せ」、ロバート・デュヴァルによる「演技とは聞くこと」という格言を胸に演技を続けているという。しかし、天才子役ジェイコブに刺激を受けた結果、「その経験を離れて、ただ彼の声に耳を傾けた。せりふがない場面も多かったから、なおさら言葉に集中した」と、これまでのメソッドを変えて今作に臨んだという。

 アクション映画への出演が近年際立つリーアムが今回演じたのは、元凄腕狙撃兵のジム。戦争の英雄である一方、心に傷を抱えるナイーヴな男でもある。役作りについては「ただひたすらたくさん本を読んだ。戦争体験と向き合っている退役軍人の話だよ。忘れられた戦争である朝鮮戦争やベトナム戦争の軍人だ。有名なアメリカの狙撃手の話もいくつか読んでみたんだ。ベトナム戦争に参加した人だ。読んで感銘を受けた」と、戦争に従事した人たちに関する書物を通してリアルなイメージを膨らませていったという。

 監督のロバート・ロレンツは、長年にわたってクリント・イーストウッド監督作品に携わった弟子、として知られている。それだけに「脚本を読んでクリントが1980年代初期に撮りそうな映画だと感じたよ。ロバートの撮影スタンスもクリントに似ていた。とても落ち着いていて物静かだ。撮影中に重圧を感じなかった。クリントが監督の時もそうだ」とイーストウッドマインドを感じながらの撮影となったことも明かしている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング