松井一郎・大阪市長「お待たせしました!」 USJで1年越しの「成人祝賀式典」開催

オリコン

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市此花区)で8日、『大阪市2020年度新成人祝賀式典』が開催され、昨年の新成人が1年越しで“晴れの日”を迎えた。松井一郎・大阪市長は「新成人のみなさん、お待たせしました!」と祝福した。

【写真】あでやかな振袖姿で「NO LIMIT!ダンス」を楽しむ参加者たち

 昨年1月に予定されていた2020年度大阪市『成人の日記念のつどい』が新型コロナの影響で延期され、この日あらためてUSJで祝う形に。同社のJ.L.ボニエ社長CEOは「みなさんの人生はまだまだこれからです。学問やお仕事に励みながら、夢を抱き、そしてその夢に向かい、未来には可能性があるということを忘れず、日々精進し、簡単なことではありませんが、思い描く将来を実現してほしいと願っています」と激励した。

 松井市長は「新成人のみなさん、お待たせしました! コロナの影響で延期になってしまいましたが、みなさんにとって大事なポイントになる成人式を実施し、なんとか思い出に残るような成人式ができないかと考え、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのみなさんに協力をお願いしました。今後、新成人のみなさんがどんどん成長していかれることを願っています」と呼びかけた。
 
 これに新成人を代表して2名が「新成人誓いのことば」で応え、式典の締めくくりにはパークの仲間たちも振袖や袴姿で登場して「NO LIMIT!ダンス」で盛り上がった。

 参加者は「一年越しに参加できて、とてもうれしかったです。式典では、みんなで一緒にダンスを踊ることで、一体感が感じられたのもよかったです。振袖での参加やお友達にも再会することができてうれしかったですし、写真などもたくさん撮ることができたので、とてもいい記念になりました」(西淀川区、女性2人組)、「盛大に実施いただいて、ありがたいです。貴重で楽しい時間を過ごせました。クルーの方々にもたくさんおめでとうと声をかけていただいて、思い出に残る一日になりました」(浪速区・此花区・港区、男性3人組)などと、喜びを噛みしめていた。

 きょう8日と15日の2日間に分け、対象となる昨年の新成人約2万5000人を無料招待。「ウォーターワールド」アリーナでの祝賀式典のほか、一般営業終了後の2時間がパーク貸切りとなり、8日は約4000人が来場した。事前予約の上、十分にソーシャル・ディスタンスが確保され、祝賀式典の参加は約1300人に限られた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング