山田涼介、青木源太アナの質問にタジタジ「司会にしたのは間違いじゃないですか?」

オリコン

 人気グループ・Hey! Say! JUMPの山田涼介が9日、都内で行われた映画『大怪獣のあとしまつ』(2月4日公開)完成披露試写会に登壇した。この日のイベントの司会を務めた、フリーアナウンサー・青木源太からの質問にタジタジになっていた。

【集合ショット】山田涼介&土屋太鳳&オダギリジョーら豪華メンバーが登壇!

 暴れ狂う大怪獣に、逃げ惑う人々。突如、ヒーローが現れて世界を救う――。それは、子供の頃に誰もが憧れた、特撮映画でお決まりの展開。しかし、倒された怪獣の死体処理は、果たしてどうなっていたのか…。そんな「誰もが知る“巨大怪獣”の誰も知らない“死んだ後”の物語」を史上初めて描く。後処理の現場指揮を任されるのが、山田演じる首相直属の特殊部隊・帯刀アラタ。そして、彼の前に環境大臣秘書で元婚約者の雨音ユキノ(土屋太鳳)が現れ、知恵と工夫と愛で立ち向かうことになる。

 映画に登場する怪獣は全長155メートル、横幅380メートルの巨大サイズ。「もしも本当にこんな大怪獣の死体があらわれたら、自分ならどう後始末するか」というテーマを振られ、山田は「え~」と考えつつ「日本全国から人を集めて、この怪獣で焼肉じゃないですか?」と回答。「片付けるにはちょっと無理だと思うんですよ。『集合』って言って集めて、『この部位美味しいね』って話ができたら」と考えを明かした。

 すると、ジャニーズ好きで知られる青木アナから「映画では大怪獣の上に乗るシーンもある。Hey! Say! JUMPのメンバーで(怪獣の上で)歌って踊るのはどうか」とまさかの提案が。苦笑いを浮かべた山田は「青木さんを司会にしたのは間違いじゃないですか?」と冗談を交えつつ、「足元不安定なので、ちょっと踊るのは厳しいかなと思います」とまじめに答えていた。

 試写会には山田のほか、土屋太鳳、濱田岳、オダギリジョー、西田敏行、三木聡監督が登壇した。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング