【鎌倉殿の13人】大河ドラマ初出演の新垣結衣 すねる仕草も話題「かわいい」「コメディエンヌ」

オリコン

 俳優の小栗旬が北条義時役で主演を務める、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)の第1回「大いなる小競り合い」が9日、放送された。大河ドラマ初出演の新垣結衣も初回から登場し、SNSで話題を集めた(ネタバレあり)。

【場面写真】早くも仲を深める頼朝(大泉洋)と政子(小池栄子)

 物語は、1175年、平清盛(松平健)が大権力者として君臨していた時代からスタート。伊豆の地では、北条義時が兄・宗時(片岡愛之助)、姉・政子(小池栄子)らとのんびり暮らしていたが、流罪人・源頼朝(大泉洋)が義時の幼なじみ八重(新垣結衣)と恋仲になり男児を産んだことで状況は一変する。

 清盛から頼朝の監視を任されていた八重の父・伊東祐親(浅野和之)は激怒。頼朝が姿をくらます中、北条家にも捜索命令がくだり…という内容だった。

 大河初出演の新垣が演じる八重は、義時の初恋の人にして、源頼朝の最初の妻。平家を恐れる父・伊東祐親(浅野和之)と愛する頼朝との間で板挟みとなり、苦悩する悲運の美女という役どころだ。

 頼朝からあずかった文を八重に届けた義時。馬も輿(こし)も用意していないという義時に対して八重は「この文には、いますぐ私に会いたいと書いてあります」「いつになったら会えるのですか」「なんとかなさい!」など、すねる仕草もあった。

 SNSでは「怒ってるガッキーかわいい」「ガッキーはコメディエンヌだなあ」「女性陣がよかった。小池栄子もガッキーも宮澤エマも宮沢りえも」「ガッキーが出演していて語りが長澤まさみは奥深い…」など、新垣の姿を大河ドラマで見られる喜びの声が寄せられている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング