細田佳央太、宮世琉弥&藤原大祐ら“イケメンだらけ”現場に「眼福です」

オリコン

 俳優の細田佳央太が9日、オンラインで開催されたテレビ朝日系ドラマ『もしも、イケメンだけの高校があったら』(15日スタート、毎週土曜 後11:00)制作発表生配信イベントに参加した。タイトル通り“イケメン”だらけの高校を舞台にした作品とあって「全体的な流れはいつもどおりですが、まぁどこ見てもキラキラしてる。眼福です。イケメンを見に現場に行ってるくらい、毎日楽しみなくらい、毎日笑ってますし、キラキラしている人たちを見られる」と瞳を輝かせた。

【写真】弘中綾香アナも審査員で参加

 今作は女性アイドルプロデュースの名手としても知られる秋元康氏にとって初の「イケメン」だらけの学園ドラマ。主演の細田演じる平凡な高校生・池田龍馬が個性豊かなイケメン高校生たちと「全国選抜高等学校イケメン大会」(通称・選抜イケメン大会)という目標に向かって競い合いながら突き進む姿を通じ、多様性が広がる令和の時代における真の“イケメン”とは何か、“かっこよさ”とは何か、その本質に迫る。

 メインキャストとして宮世琉弥、藤原大祐、水沢林太郎、内藤秀一郎、藤枝喜輝らが参加。宮世は「みんなそれぞれバカを持ってる。内藤くんだったら“こどもバカ”、大ゆうがボケバカ、細田くんは真面目バカ、林太郎くんは読書バカ、(藤枝は)シューティングバカ…僕はただのバカです」と軽口を叩きつつも、すっかり仲良しな様子。藤原は「こんなにちゃんとイケメンの役は初めてだったので『ついにきたか』と。プレッシャーながらも楽しみでした。本編では全然イケメンな顔してない。常に変顔し続けている」とその顔芸にも注目だ。

 『初回放送直前!イケメン20人大集合スペシャルLIVE!~JUNON編集長!SEVENTEEN編集長!ら豪華審査員が決める“推しイケメン”大決定まつり!!~』と題した今回、選抜イケメン大会で優勝を目指す学園コメディーにちなみドラマ本編の前しょう戦ともいえる“イケメンの頂点”を決める「イケメンゲーム対決」も開催。水沢は「僕のまわりでも『まわりのイケメンに負けるなよ、と言われたのできょうも勝てるように頑張りたい」とバチバチモード。

 Aチームの細田を筆頭に、宮世(B)、藤原(C)、水沢(D)、内藤(D)がそれぞれリーダーとなり、藤枝喜輝(C)らメインキャストのほか、池田匡志(D)、石川雷蔵(B)、嘉蓮(C)、小林拓司(A)、杉浦寛史(C)、奥雄人(B)、鈴木志遠(B)、中山統一郎(A)、元之介(A)、三宅亮輔(D)、平原颯馬(C)、松下▽(A)、井上想良(D)、高崎凌(B)らが圧巻のイケメン軍団が参加し、真剣に対決。『JUNON』編集長の笹沼彩子氏、『Seventeen』編集長の小林亘氏、弘中綾香アナウンサーが審査員を務めた。

 まず代表者1人が、4本中1本のビリビリペンを当てた人が10ポイント与えられる『ビリビリリアクション選手権』やイケメンが言いそうなこと・やっていることを連想させる言葉でしりとりにする『イケメンしりとり対決』で白熱のバトルを展開。特にビリビリペンではそれぞれのリアクションや個性も光り、弘中アナもイケメンが悶える姿に興味津々で「チームリーダー対決なので4本中4本(当たり)にしてほしかった」と残念がる場面も。

 結果は同率2位にC・Dチーム、同率1位にAチームとBチーム。勝者を決めるため宮世と細田のビリビリペン対決すると当たったのは“座長”細田。ご褒美として30秒のアピールタイムが与えられると、聴者数は10万人を突破するなか「アクセル全開で待ってられないので腕立てします!」と腕立て後に、自らビリビリペンのスイッチまで押す大サービス。

 『JUNON』賞は終始、筋肉自慢で盛り上げまくった松下、『Seventeen』賞は「めっちゃ見てくる」といい「常に動いていて10代の若さを感じた」との理由で石川、それぞれ両誌への登場も約束された。そして『弘中綾香賞』は藤原。「ビリビリのリアクションがピカイチだったので差し上げます」と絶賛された藤原は「すべてはビリビリでつながってる」と大満足。商品として「社食で使える社食券」をプレゼントされ「まだ身長伸びているのでたくさん食べます」と喜んでいた。

 また、TELASAにてそれぞれのイケメンのオフの学校生活をコメディタッチに描いたアナザーストーリー『イケメン道~美南学園物語~』放送終了後の独占配信スタートも発表された。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング