波瑠&本仮屋ユイカ、14年前の“眉細”写真公開 林遣都&溝端淳平は反抗期真っただ中

オリコン

 女優の波瑠が主演、俳優の林遣都が共演する、テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』(14日スタート 毎週金曜 後11:15)の製作発表会見が10日に同局で行われ、波瑠、林、溝端淳平、本仮屋ユイカ、黒川智花、新川優愛が出席した。

【写真】波瑠と林遣都が絡み合う…『愛しい嘘 優しい闇』ビジュアル

 2020年4月から講談社の無料マンガアプリ『Palcy(パルシィ)』で連載が始まった愛本みずほ氏の人気女性漫画『愛しい嘘 優しい闇』が原作。上京して漫画家デビューするも鳴かず飛ばずで、今後の人生に迷いを感じている主人公・今井望緒(波瑠)が、中学の同窓会で初恋の人・雨宮秀一(林)を含む仲良し6人組と再会。14年ぶりの再会がもたらしたのは、郷愁の念と甘酸っぱい恋の再燃だけでなかった。後日、この中から不審死を遂げる者が続発する事態に。犯人はこの中にいるかもしれない。そんな疑惑の同級生たちを、溝端、本仮屋、黒川、新川が演じる。

 「同級生“連続不審死”事件」の大きなカギを握るのは、14年前のある事件ということにちなみ、今回は特別にキャスト陣の約14年前、まだ自身が10代だった頃の貴重な写真を公開。波瑠と本仮屋の眉毛がともに細かったり、林と溝端の写真がどちらも「反抗期真っ只中で、母親に撮ってもらったもの」だったりと、思わぬ共通点も見つかり、クロストークも一気に弾んだ。

 互いの写真を見たキャスト陣は、キュンキュンしまくりで、女性陣の写真には「かわいい! 今も変わらずキレイ!」、男性陣の写真には「かわいい! カッコいい!」と、トキメキが止まらない様子。会見では、ラブサスペンスの「ラブ」要素にかけて、キャストそれぞれが「キュンとする仕草」も話すことになり、ドラマ本編ばりに予測不能な展開となった。

 溝端からは「林くんの手がキレイでキュンとした」、黒川からは「私が『何かやって』と頼んだときに、文句言わずやってくれる人にキュンとします」と、まさかの回答も飛び出し、会場を沸かせた。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング