映画『呪術廻戦』興収77億円突破 興収歴代ランキング80位に

オリコン

 2021年12月24日に公開されたアニメ映画『劇場版 呪術廻戦 0』の最新の興行収入が11日、発表された。公開18日間で観客動員数567万1950人、興収77億1408万4650円を記録した。興収は前週比+19億円で、歴代興収ランキングはTOP100入りし、暫定80位にランクインしている。(興行通信社調べ)

【画像】温厚な乙骨がブチ切れ!解禁された映画『呪術廻戦』戦闘場面カット

 東宝は『劇場版 呪術廻戦 0』初日舞台あいさつの際、興収100億円突破は確実とし「最終的な成績は予測不能」と説明していたが、すでに昨年興収102.2億円を記録、公開から21日間で興行収入60億を突破した『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を上回る興収ペースであることから、興収100億円突破は濃厚となっている。

 『呪術廻戦』は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の同名漫画が原作で、ある強力な「呪物」の封印が解かれたことで、高校生の虎杖悠仁が、呪いをめぐる戦いの世界へと足を踏み入れるダークファンタジー。テレビアニメが2020年10月~21年3月まで放送され人気を博し、原作漫画の累計発行部数は6000万部を突破している。

 『劇場版 呪術廻戦 0』は、『呪術廻戦』の前日譚であり、原作漫画の連載前に芥見下々氏が短期集中連載として描き下ろした「東京都立呪術高等専門学校」を映画化したもの。「0巻」として単行本化もされ、単巻コミックスとしては異例の大ヒットを記録するなど、ファンからの支持も非常に高いエピソードとなっている。

■『劇場版 呪術廻戦 0』興収の流れ
公開3日間:観客動員190万8053人、興行収入26億9412万8150円
公開11日間:観客動員431万4027人、興行収入58億7306万4900円(前週比較+約32億円)
公開15日間:観客動員490万人、興行収入67億円突破
公開18日間:観客動員567万1950人、興収77億1408万4650億円(前週比較+約19億円)

■『シン・エヴァンゲリオン劇場版』興収の流れ
初日:興行収入8億277万4200円
7日間:興行収入33億3842万2400円
14日間:興行収入49億3499万6800円
21日間:興行収入60億7821万1750円
28日間:興行収入68億9861万3200円
30日間:興行収入70億円突破
136日間:興行収入102.2億円、観客動員数669万人

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング