ハリウッドデビューを引き寄せた監督デビュー作『林檎とポラロイド』予告編解禁

オリコン

 「第77回ベネチア国際映画祭」(2020年)オリゾンティ部門オープニング作品として選出され、さらにケイト・ブランシェットが作品に惚れ込み完成後にもかかわらず、エグゼクティブ・プロデューサーに名乗りを上げたクリストス・ニク監督の映画『林檎とポラロイド』が3月11日より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国で順次公開される。

【動画】映画『林檎とポラロイド』予告編

 監督のクリストス・ニクは、リチャード・リンクレイター(『6才のボクが、大人になるまで。』)や、ヨルゴス・ランティモス(『女王陛下のお気に入り』)の助監督を務めていた。奇抜なアイデアと人間への優しい眼差し――彼らの持ち味を独自に昇華させ、創り上げたデビュー作である『林檎とポラロイド』は、ワールドプレミアとなったベネチア国際映画祭で上映されるや、その独創的で普遍的な物語に、絶賛の嵐が巻き起こった。

 その評判を耳にしたケイト・ブランシェットは、監督に才能に惚れ込み、エグゼクティブ・プロデューサーとして参加することを熱望し、新たにクレジットされただけでなく、次回作のプロデュースも手がけることに。その次回作は、キャリー・マリガン(『プロミシング・ヤング・ウーマン』)を主演に迎えることが決定しており、2作目にしてハリウッド・デビューを果たすことになった。

 世界が注目する監督のひとりとなったニク監督のオリジナル脚本による本作は、記憶喪失を引き起こす奇病が蔓延する世界で、毎日リンゴを食べる男が主人公。「お名前は?」「覚えていません」。 バスの中で目覚めた男は、記憶を失っていた。覚えているのはリンゴが好きなことだけ。

 男は治療として「新しい自分」と呼ばれる回復プログラムに参加することに。毎日送られてくるカセットテープに吹き込まれたさまざまなミッションをこなしていく。自転車に乗る、仮装パーティーで友達をつくる、ホラー映画を見る。そして、その新たな経験をポラロイドに記録する。ある日、男は、同じくプログラムに参加する女と出会い、仲良くなっていく。しかし、「新しい日常」に慣れてきた頃、男は忘れたはずの以前住んでいた番地をふと口にする。

 解禁された予告篇は、冒頭から「私は、映画界の新なる才能にふれ、喜びを感じました」というケイト・ブランシェットの賛辞ではじまる。記憶喪失という普通に考えれば一大事が起きたにも関わらず、この世界の患者や医者は飄々とそれに向き合う。病院からすすめられた「新しい自分」プログラムに参加することになった主人公の男が日々与えられたミッションをこなす姿は、いたって真剣で真面目なのに、どこかおかしく感じてしまう。

 しかし、男が、同じ治療を受ける仲間と出会いお互いのことを話すうち、親族の迎えがなく身寄りのないことや、ある忘れられない事実が浮かび上がる。冒頭のケイトの言葉で「哀しみの核を持ち、同時に心をくすぐられる映画」と形容された”哀しみの核”とは、一体何か。

 場面写真からはニク監督のこだわりの詰まった世界観が凝縮されている。宇宙服であいさつする姿、ストリップで女に迫られ身を引く姿など、ミッションの数々が映し出される一方で、ご近所さんと犬に会う男、物思いにふけるような姿など、一人の男が出会うたくさんの出来事が見て取れる。

 「哀しい記憶だけ失うことはできませんか?」。口数の少ない主人公が治療を通して心に宿した本当の思いとは? 哀愁とユーモアが絶妙なバランスで調合され、近未来的な設定ながらも、人肌のような温もりに満ちている。見る者は、主人公の寡黙で物憂げな表情、どこか滑稽で真面目なふるまいに笑い、そして明かされていく過去に胸を熱くするに違いない。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング