催涙ガスには玉ねぎが効く!? 紛争地の日常を垣間見る映画『クレッシェンド 音楽の架け橋』

オリコン

 “世界で最も解決が難しい”とされる紛争で今この時も闘うパレスチナとイスラエルから、音楽家を夢見る若者たちを集めてオーケストラが結成される──。実在の管弦楽団にインスパイアされた映画『クレッシェンド 音楽の架け橋』(1月28日公開)より、紛争地で生きる人々の壮絶な日常を垣間見るようなシーンの本編映像が解禁となった。

【動画】催涙ガスが…映画『クレッシェンド 音楽の架け橋』本編映像

 映像は、パレスチナ人のレイラが自宅で必死にヴァイオリンを練習しているシーン。部屋の外では暴動が起きており、爆撃音やサイレン、人々の言い争う声が聞こえてくる。すると突然、ある異変に気が付いた様子で、彼女は演奏を止め台所へ。なんとおもむろに玉ねぎを切り、断面の匂いを大きく吸い込み始めたのだ。

 苦しそうな表情を浮かべながらも、玉ねぎを嗅ぎ続けるレイラ。部屋に入り込んできた催涙ガスの痛みを玉ねぎが和らげる。今もイスラエルと闘い続けるパレスチナの人々の知恵である。そんな彼らの居住区では、戦車が走り、催涙弾や実弾が発射されることも決して珍しくはない。そして再び練習を再開。なぜそこまでしてヴァイオリンを弾き続けるのか。

 その答えは、壁に貼ってある世界的指揮者エドゥアルト・スポルクのオーディションのチラシにある。彼女にとって、このオーディションは国際的な音楽家になるための一生に一度のまたとないチャンス。そのため、このような環境の中で命がけで練習しているのだった。

 オーデションは、紛争中のパレスチナとイスラエルから若者たちを集めてオーケストラを編成し、平和を祈ってコンサートを開くというプロジェクトのためのもの。オーディションを勝ち抜き、家族の反対や軍の検問を乗り越え、音楽家になるチャンスを掴んだ20余人の若者たちは、激しく憎しみをぶつけ合う。21日間の合宿で寝食を共にし、互いの音に耳を傾け、経験を語り合い…少しずつ心の壁を溶かしていく。そして、ラストに待つ、誰も想像しなかった“魂の演奏”へ。さまざまな地域の国際映画祭で熱い喝采を浴び、4つの観客賞に輝いた作品。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング