岩波ホール、54年の歴史に幕 7・29に閉館、新型コロナ影響し劇場の運営困難

オリコン

 ミニシアターの先駆けとして知られる、東京・神保町の単館映画館『岩波ホール』が今年7月29日に閉館すると11日、公式サイト発表された。「新型コロナの影響による急激な経営環境の変化を受け、劇場の運営が困難と判断いたしました」と説明している。

〈Twitterより〉54年の歴史に幕 岩波ホールが閉館を報告

 同館は1968年2月から多目的ホールとして開館した。故・川喜多かしこ氏と、当ホール総支配人の故・高野悦子氏が名作映画上映運動『エキプ・ド・シネマ』を発足。インド映画『大樹のうた』を上映して単館映画館の道を進み、これまで、65ヶ国・271作品の名作を上映してきた。

 同館は「岩波ホールは、2022年7月29日(金)を以て閉館いたします。新型コロナの影響による急激な経営環境の変化を受け、劇場の運営が困難と判断いたしました」とし、「54年間の長きにわたり、ご愛顧、ご支援を賜りました映画ファンの皆様、関係者の皆様に心より御礼申し上げます」とコメントしている。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング