高畑充希“30歳・新米社長”の成長にワクワク 『ムチャブリ!』第1話きょうスタート

オリコン

 女優の高畑充希(30)が主演する、12日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』(毎週水曜 後10:00)。30歳の節目に高畑が演じるのは「30歳OL、出世欲ナシ彼氏ナシ、でも『今のままでいいのか?』と思い悩む」等身大なヒロイン・雛子だ。周囲に振り回され、その、まん丸な目をさらに丸くしながらアワアワしながら右往左往し、家では一人で愚痴を言いながら酒をあおる…。「おつかれさま」とつい応援したくなる主人公を、持ち前である表情の豊かさでチャーミングに表現している。

【画像】微妙に異なる距離感…“恋の予感”Ver.も公開

 高畑といえば、これまで『過保護のカホコ』や『同期のサクラ』など、いわば台風の目として周囲の人を巻き込むような、不思議な魅力を持ったキャラクターを演じてきた。だからこそ、今回、いわゆる「普通の」会社員女性を演じることは新鮮な印象を受ける。カリスマ社長・浅海寛人(松田翔太)の秘書として、つねに社長の代わりに社内に頭を下げて回り、身の回りの雑用、犬の散歩まで健気すぎるまでに請け負ってきた雛子はいつのまにか“現状維持”で精いっぱいになってしまっていた。

 そんな雛子に転機がやってくることから物語は始まる。社内で募っていた新規事業の企画に応募しろという浅海の命を受け、数年前に出した企画書の年号を平成から令和に書き換えただけで提出する。するとあろうことか、企画が採用され、子会社設立の記者会見の場で、雛子は前ふりもなく、突然社長に任命されてしまった。突然、人生の暴風雨に足を踏み入れてしまった雛子の奮闘が始まる。

 新米社長・雛子は、まず浅海が買い取った創業50年の老舗フレンチレストランを、1ヶ月でリニューアルオープンするよう言われる。部下として配属された、野心家でナマイキな若手社員・大牙(志尊淳)に、冷めた目で見られながらも、店のコンセプトがカジュアル志向に変わることに反発するシェフの古賀(神保悟志)たちをまとめようと奔走。だが、これまで「社長が○○と言っている」と“伝書鳩”だった雛子は上辺の言葉しか言えず、自分には社長の器なんてないのだと諦めてしまいそうになる…。

 これまで本格フレンチを30年続けてきたため「いまさら変われない」という頑固なシェフと、30歳となって自分の人生は「いまさら変わらない」と思っていた雛子。だけど、突然、舞い込んできた“ムチャブリ”は人生のピンチかチャンスか。誰もがアグレッシブに人生攻めていけたらいいけれど、そうはいかないし、そんな機会もあるとは限らない。今のままでいい、変わらなくていい、そう思っている人は少なくないはず。

 第1話では、これまで“現状維持”で満足していた雛子が、この人生最大級“ムチャブリ”が降り掛かってきたことにより、もう一度立ち上がる。これから、まだまだ影響力はあるとは言えないながらも、ひよっこの社長“雛”子が大きく羽ばたいていく成長物語にワクワクする。週の真ん中水曜日、自分もまた頑張ろう、ひとつ元気をチャージしてくれる作品になりそうだ。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング