「今最も売れているグラドル」奈月セナ、女優業との“二刀流”宣言「貪欲に挑戦したい」

オリコン

 女優でグラビアアイドル・奈月セナ、お笑い芸人・鳥居みゆきらが12日、都内で行われた新感覚暗号解読ライブムービー『暗号少女~瀬名奈月の事件簿~』の記者会見に出席した。

【全身ショット】スラリとしたパンツスタイル&美デコルテを見せた奈月セナ

 リアル暗号ゲーム+映画を融合させた同作は、「連続ドラマ」ではなく「連続ムービー」を名乗り、映画とイベントがコラボ、連続ムービーを一挙劇場公開&完全舞台化するという、新感覚のエンターテインメントプロジェクト。2月12日に上演イベントを予定している。

 物語は、東京・浜松町にある小洒落たBAR「KoiKoi」から始まる。役者や芸人、ミュージシャンの卵が夜な夜な集まる憩いの場所。普段はママを中心に演劇や音楽話で盛り上がるが、時々、不思議な依頼が持ち込まれる。その依頼を受け事件を解決するのは、あのホーキング博士と同じ IQ160を誇る主人公・瀬名奈月。奈月のピンク色の脳細胞は、予想外な暗号の数々を解き明かし、事件の真相へと迫っていく。

 「今最も売れているグラビアアイドル」として注目を集めている奈月だが「今回はグラビアを封印して、女優としてお芝居させていただいています」と宣言。今後について「本格的に女優業をやっていきたいと思っていますが、グラビアを全くやらなのも寂しい。グラビアも続けていきたい。もっと貪欲に挑戦したい」と“二刀流”で活動していくことも明かした。

 また、映像作品で主演を飾るのは今作が初だといい「本当に緊張しましたし『主演として場の空気を作ったりしなきゃ!』とプレッシャーを感じていましたが、現場に行ったら皆さんがすごく盛り上げて温かい現場でした」と回想。共演の鳥居から「座長は、言いにくい用語以前に岐阜弁が出てしまう癖がありました(笑)。みんなで『岐阜出てるよー!』って、逐一言ってあげて、それで場が和んでいました」と暴露されると、照れ笑いを浮かべていた。

 会見にはそのほか、東由樹、金子みひろ、いわたまあり、佐竹桃華が出席した。

関連リンク

PR

オリコン アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング